外国人雇用特別セミナー

セミナー概要

今後5年間に約35万人の外国人労働者が来日することが注目されている中で、部課長クラスの日本人管理者が600万人減り、経営・管理人材の不足こそ今後の日本経済、企業の更に大きな問題となってくることはまだあまり知られていません。本セミナーでは、その不足の重要な一翼を担うだろうと言われる高度外国人材について、如何にうまく活用して持続的成長につなげるかその効果的な雇用と活用法について解説します。

藤巻義博 (FUJIMAKI YOSHIHIRO)

国立大学法人 静岡大学 特任教授
(独)中小企業基盤整備機構 国際化支援アドバイザー
玉川大学 学術研究所 特別研究員

(株)東芝に入社。以来35年間海外中心に活動。元東芝ベトナム社長、元東芝ロシア社副社長、元東芝インド社副社長を歴任。米国、シンガポール、ベトナム、タイ、フィリピン、ロシア、インド、ブラジル、合計8か国通算19年間海外駐在。ベトナムでは東芝初の駐在員として8年間掛けて代表事務所、販売会社、工場を設立。36歳で東芝ベトナム社社長歴代最年少社長に就任。東芝退職後 (独)日本貿易振興機構(JETRO)、(独)中小企業基盤整備機構にて海外事業アドバイザーとして、米国、シンガポール、インドネシア、ベトナム等に中小企業の現地法人設立を支援、200社以上に海外輸出、進出のアドバイス実績を持つ。

セミナー動画